Pagesで独自のショートカットキーを設定する方法

 

Appleユーザーなら無料で使える文章作成ソフトPages。

「文章作成するソフト」なのでそれほど操作自体は難しくありません。

しかし、作業する中で必ずや、

「時短、効率的に執筆したい」

という要望が出てくるでしょう。

 

そういった時に使えるのが「ショートカットキー」です。

Pagesにはデフォルトで次のページに掲載されているショートカット が標準装備されています。

が、しかし、です。

この一覧にないショートカットキーを「独自に」設定したい時もありますよね。

そういった時だって、Pagesは(というかMacは)期待に応えてくれます。

次の手順を踏んでみてください。
 


 

ショートカットキー

まずは「システム環境設定」から「キーボード」「ショートカットキー」へ進みます。

Image from Gyazo

 

アプリを選ぶ

ここではなんと、Macで使える全アプリケーションに独自のショートカットキーを設定できます。

もちろん、そのアプリケーションの範疇はPagesだけにとどまりません。

ってことで、まずはショートカットキーを設定したいアプリケーションを選びましょう。

今回は「Pages」ですね。

Image from Gyazo

プラスマークをクリックしてPagesを探してみてください。

 

メニュータイトル設定する

次は「メニュータイトル」を設定します。

ここはアプリケーションに設定したいショートカットキーを実際に設定していく非常に重要な項目。

Macのショートカットキーの設定では、ズバリ、

「上メニュー」から発動するコマンドに対してショートカットキーを割り当てられます。

そして、以下のように記述するのです。

メニュー名->項目->項目

 

例えば、上のメニューから

編集>変換>横方向の回転

というコマンドに対し、ショートカットを割り当てるとしましょう。

そういった場合、

編集->変換->横方向に回転

と記述します。

 

ショートカットキーを選ぶ

次の項目で、その動作に割り当てるショートカットキーを選びましょう。

カーソルを合わせた状態で、ショートカットを発動すればいいのです。

例えば、先ほどの「横方向に回転」というコマンドに対して「Command + Y」というコマンドを打ってみましょう。
Image from Gyazo

すると、これだけでPagesに独自のショートカット「Command + Y」を設定できました。

こいつを発動すると「横方向に回転」できるのです。

Image from Gyazo

無事にショートカットキーの設定が完了すると、右横にショートカットキーが表示されているはずです。

以上です。

ショートカットキーの割り当ての機能は何もPagesだけに限利ません。

Macで動く全アプリケーションに対してショートカットキーを独自に設定できるのです。

ただし、ショートカットキーを割り当てられる操作は「上メニューに格納されているもの」に限る、という点はご注意ください。

 


 

それでは!

Ken

 

【参考記事】

About the author

wrote 24 articles on this blog.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です