字間のアキを印刷文字スケールで算出する方法

 

日本語では、字と字の間をあけずに組むのが原則ですが、時として、

文字と文字の間にスペースを設けます。

例えば、

とする場合です。

 

スペースを空けない場合は「仮想ボディ」と呼ばれる正方形にピタリと「あ」と「い」が収まっていました。

しかし、字と字の間にスペースを空けると、後半の「い」が仮想ボディの正方形からはみ出てしまいます。

この「字と字の間に設けたスペース」を

字間(カーニング)

とよんでいます。

編集者は印刷済みの書物から「字間」を求めねばなりません。

そこで使うのが、

印刷文字スケール

というアイテムです。

ここではその印刷文字スケールを活用して印刷物から字間を求める方法を紹介します。

 

印刷物の字間を求める方法

次の3ステップです。

 

文字の大きさ単位を把握する

印刷物が採用している文字サイズの単位を把握しましょう。

日本の出版物で利用される文字サイズの単位は次の3種類。

  1. 級数
  2. DTPポイント
  3. アメリカンポイント

 

日本では日本オリジナル単位「級数」が多く使われますが、次いで多いのが世界共通の「DTPポイント」です。

最後の「アメリカポイント」は、かつてJISが標準規格として定めた単位で、古い出版物でたまに使われます。

 

印刷物の字間を求めるためには、文字の単位の把握が第1歩。

多くの場合、出版物ごとに文字の単位が統一されているので、出版元に問い合わせるのが手っ取り早いでしょう。

 

文字の大きさを知る

続いて、文字の大きさを計測します。

印刷文字スケールを文字にあてがうだけ。

印刷文字スケールには、文字サイズごとに正方形(仮装ボディ)が連続的に並べられていますので、正方形の仮想ボディを当てはめていけばいいのです。

例えば、アメリカンポイントの印刷文字スケールの12のマスをあてがった結果、文字がすっぽり収まったとします。

 

 

その場合、

  • アメリカンポイント
  • 12 pt

それが文字の大きさです。

 

マス目と重なる文字を探す

印刷文字スケールを印刷物に押し当てると、正方形のマス目が文字とぴたりと一致します。

しかし、これは字間ゼロのベタ組の場合です。

字間があれば、マス目と文字の間にズレが生じます。

 

しかし、全ての文字がマス目とずれるのではありません。

何文字目かは必ず一致するはずです。

 

例えば、下図では5文字目の文字が印刷文字スケールの6マス目と重なっています。

 

計算式に代入する

ここで次の計算式を活用します。

$$\frac{一致したマス目の位置 – 文字の順番}{文字の順番 – 1}$$

です。

「一致したマス目の位置」をX、「文字の順番」をYを置くと、

$$\frac{X – Y}{Y – 1}$$

になるはずです。

 

例えば、一致したマス目が6、その文字が5文字目だった場合を考えます。

その場合、

$$\frac{一致したマス目の位置 – 文字の順番}{文字の順番 – 1}$$

$$=\frac{6 – 5}{5 – 1}$$

$$=\frac{1}{4}$$

になるはずです。

つまり、字間は文字サイズの4分の1(25%)なので「四分アキ」です。

1文字ごとに仮想ボディの4分の1ずれています。

 

なぜ印刷物の字間を求められるのか?

なぜこの計算式が使えるのでしょうか。

分子では「本来あるべき位置とのズレ」を表しています。

6文字目に本来来るべき文字が5文字目に現れていますので、

6文字で1文字ずれているとわかります。

これが分子の計算式、

$$一致したマス目の位置 – 文字の順番$$

が表すところです。

 

一方、分母では「字間の個数」を表します。

5文字目で印刷文字スケールの正方形と一致したします。

その場合、5文字目が来る前に4つの字間があるはずです。

  • 1と2の間
  • 2と3の間
  • 3と4の間
  • 4と5の間

字間の個数は「5-1」で4つになるはずです。これを一般化すれば、

$$文字の順番 – 1$$

で字間の個数を計算できます。

 

印刷物の字間を求める

はい、以上が計算式でした。

最後に例題を解きましょう。

  • アメリカンポイント 10ポイントの文章
  • 印刷文字スケールで8文字目の正方形で5文字目がぴったりとはまる

先程の計算式で計算すると、

$$\frac{一致したマス目の位置 – 文字の順番}{文字の順番 – 1}$$

$$=\frac{8 – 5}{5 – 1}$$

$$=\frac{3}{4}$$

になります。

つまり、仮想ボディ1つに対して75 %の字間があるので「二分四分アキ」です。

 

それでは!

Ken

About the author

wrote 24 articles on this blog.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です