Indesign(インデザイン)で箇条書きを挿入する方法

 

Indesignで出版物を作成していると、

箇条書きを挿入したくなりますよね。

もちろん、Indesignは箇条書きに対応しています。

 

Indesignで箇条書きを挿入する基本

まずは基本的な方法です。

 

箇条書きウィンドウを出す

まず箇条書きウィンドウを出しましょう。

段落パネルのタブメニューから「箇条書き」を選択。
Image from Gyazo

リストタイプを選ぶ

箇条書き記号のタイプを選びます。

  • 記号
  • 自動番号

の2通りから選べます。
Image from Gyazo
前者の「記号」ならば、順不同の記号で箇条書き。

後者の「自動番号」ならば順番のある箇条書きを作成できます(たとえば1、2、3)。

今回は例として、記号のリストの箇条書きを作ってみます。

 

記号スタイルを適用する

箇条書き記号の種類を指定できます。

例えば「米印」とか「単純な点」とか「矢印」ですね。

デフォルト以外の記号スタイルの追加も可能です。

右の追加ボタンを押すと、特殊記号から好きなものを選べます。
Image from Gyazo

表示を調整する

最後に「記号または自動番号の位置」で、記号とテキストの配置を調整。

設定項目は以下の4つ。

  • 揃え
  • 左インデント
  • 先頭行のインデント
  • タブの揃え

これらの数値を適切に動かし、自ら望む箇条書きに仕立てましょう。

 

箇条書きをやめる

はい、これで基本的な箇条書きを挿入できますね。

がしかし、このままでは、

改行すると永遠に箇条書きが増え続けるではありませんか。
Image from Gyazo
いつかは箇条書きをやめねばなりませんから、箇条書きから脱するときは「コントロールウィンドウ」を使いましょう。

「コントロールウィンドウ」がない時は、ウインドから表示してみてください

 

段落形式コントロールに切り替えると、箇条書きコマンドが出てきます。

箇条書きをやめたい時は、この箇条書きコマンドをクリックして選択解除すればいいのです。

Image from Gyazo
コントロールウインドは解除だけではなく、挿入時にも便利です。うまく活用しましょう。

 

記号に色をつける

時として、箇条書き記号に色をつけたい時もありますよね。

箇条書きウィンドウから「文字スタイル」を選びましょう。

 

事前に色をつけた文字スタイルを作成し、その文字スタイルを箇条書きに適用するのです。

すると、記号だけにその文字スタイルが適用されます。
Image from Gyazo
例えば、赤を適用した文字スタイルを箇条書きに指定すれば、箇条書きの記号を赤に指定できます。

 

行間を設定する

また、箇条書の行間コントロールもできます。

そういう時は、箇条書きを選択状態で「段落パネル」へ。

そこの「段落後のアキ」の数値を調整すれば、箇条書きの行間も調整できます。

Image from Gyazo

ぜひお試しください。

 

それでは!

Ken

About the author

wrote 24 articles on this blog.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です